あまつさえヘブン

思ったことを書かせて

結局音楽ってすげぇや / ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017

8月5日、朝も早よからバスに乗ってROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017に行ってきました。フェスやライブは何度も行っているけど、ロッキンに行くのは初めてだった。私は中学あたりから2,3年前まで所謂ロキノン厨で、ロキノン系と言われるアーティストを好んで聴いていたので、なのにロッキン行ってなかったんかーい!と自分でも思う。結構念願のロッキンだった。

拙い感想を書き残します。

 

f:id:negitorox:20170913062636j:plain

(開放的なステージなのに閉塞感のある写真しか撮ってなくて絶望した)

 

アルカラ
安定感抜群。前に見たときと変わらず面白かった。私は共感性羞恥しがちなので、ハートの強い人には心惹かれる。だからボーカルの稲村さんのMCのどっしり感がすごく好きだ。最近の曲は全然知らなかったけど「アブノーマルが足りない」「キャッチーを科学する」「半径30cmを知らない」を聴けたのでぶち上がった。歌がうますぎ。
 
全然詳しくないので、フェスでDragon ashを観る=Fantasistaを聴くというイメージ。自分の中で。今回も例に漏れずFantasistaが聴けた。夏の野外と太陽がよく似合う、最高。
 
えらい可愛かった。コムアイを初めて認識したのはテレビの深夜番組。そのとき「私って変わってるじゃないですか〜〜」的なことを言っていて(うろ覚えだけど)、苦手なタイプの人だ…と思った。曲は好きなのでよく聴くようになったものの、コムアイに対しての謎な苦手意識もずっと残っていて、そんな中で観た水曜日のカンパネラ。えらい可愛かった。青空によく映える白い肌が輝いていて、苦手意識も吹っ飛ばすほどの圧倒的ヴィーナス感。ハートの強さをビシバシ感じる立ち振る舞い。心惹かれちゃうよ〜!これからは手放しでカンパネラ最高と言えます。
 
今回の個人的ベストアクト。フリースタイルダンジョンが好きなので、R-指定の「聖徳太子フリースタイル」が見れて非常に感激した。「聖徳太子フリースタイル」というのはその場で観客からキーワードを集めて、そのキーワードを散りばめつつフリースタイルラップを炸裂させるというもの。お見事だった。すごさの極み。あっぱれ。曲数は少なかったけど盛り上がったし、フリースタイルやDJ松永の激ヤバプレイもあったのでずっと楽しかった。小さいステージが満杯で、フェスというよりライブハウス感が強かったのも楽しい気持ちに拍車をかけてたのかもしれない。Creepy Nuts、ロッキン初出演で入場規制だって。すごいね。
 
移動しなきゃでちょっとしか観てないけど、「タンクトップは似合わない」が聴けて良かった!ポップでアイドル感満載のステージは観てるだけで楽しいし笑顔溢れる。また観る機会があったらいいな。
 
1番のお目当て!恋のメガラバ→ぶっ生き返す→爪爪爪の流れ、かなりエモみあって心にキた。嗚呼高校時代、って感じ。好きな「シミ」や「便所サンダルダンス」が聴けたし膣ジャンプもできたので大満足です。やっぱりホルモンのライブはアドレナリンが吹き出るし全身から「楽しい」が出てくる感じがしてすごく好きだ。フェスでしか観たことないのであまりドヤ顔では言えないけど。少しだけ開けた扉から小さい声で囁きたい。「ホルモンのライブやっぱ最高っす」。
 
B'z
本当は岡崎体育が観たかったんだけど、B'zと被ったら、そりゃ不可抗力。
1日中、いろんなアーティストが持ち出していたB'zの話題。それほどまでにB'zがロッキンに出るということをみんなが喜んでいて、期待が膨らんでいたのですね。その万人の期待を裏切らない、圧倒的存在感と声量。完全にラスボスでした。有名どころの曲しか知らないけど、カッコよすぎたので知らない曲でも楽しかった。そんな、知ってる曲が少ない中での「衝動」や「ギリギリchop」や「ultra soul」がもう楽しすぎてアツすぎてシマリがないとみんなにコソコソ笑われるぞオマエェ!!!!といった塩梅。ウルトラソウルってフェス行くとDJブースとかで絶対1度は流れてるの耳にするじゃないですか。DJでも楽しいのに、生はもう、迫力が違うかったよ。迫力も楽しさも段違いだったよ。観て良かったという感想しか生まれないです。
稲葉さんが「こんなに楽しいならもっと早く(ロッキンに)来とけばよかった」と言っていたのが印象深い。ラスボスも人間なんだ…と思った。
 
 
 
冒頭で書いた、「私は中学あたりから2,3年前まで所謂ロキノン厨で、ロキノン系と言われるアーティストを好んで聴いていた」という文。なぜ過去形かというと、音楽の趣味が変わってきたからだ。ロキノン系アーティストを嫌いになったわけじゃないし今でも聴くけれど、なんというか、ドンピシャの世代ではなくなってきた感があった。そんな私がロッキンに行って、「あー楽しかったー!!!」と晴れ晴れ帰って来れるのかなと、正直不安な部分もあったんだけど、結局終わったあとに残ったのは「あー楽しかったー!!!」だった。
昔はライブというと「好きなら前で聴くんだ!」「モッシュするぞー!」って気合入っていたけど、今は後ろの方でいいから自分のペースで聴きたい。ライブの楽しみ方も聴く音楽も歳をとって変わって来た。それでもライブの楽しさは全然変わらなかった。音楽はスゴい。裏切らない。
 
すごく楽しかったんだけど、お昼過ぎごろからずーっと腰と背中が痛くて痛くてたまらなくて、とてつもない老化を感じた。昔は痛くなっても帰り際だったのに。身体は私をたやすく裏切るのだ。またライブやフェスに行きたいから、心身ともに鍛えなきゃなと思った、そんな夏の日の思い出。

鬱漫画を続けざまに読んだ春

春とかいってもうバリバリ暑いし最近蝉とか鳴いちゃってるけど…ずっと「いつか読むぞ」と思っていた「最終兵器彼女」と、「ぼくらの」を春に読んだので書きます。
 
(今後読みたい人は一応ネタバレ注意)
 
 

最終兵器彼女 

最終兵器彼女(1) (ビッグコミックス)
 

 北海道が舞台のSFラブ。軍によって最終兵器にされてしまったちせと、その彼氏のシュウジの話。有名な漫画なので読む前から、鬱展開であることや話のオチを知ってた。だからそんなに楽しめないかなとか思っていたけどそんなことなくて、一気に読みきってしまった。

 
人が最終兵器に改造されるってどういうこと?しかもなんでただの高校生だったちせなの?とか、読んでる最中いろいろ「???」ってなるんだけど、そういう謎の答え、ほぼ出てこない。ストーリーの核はあくまでもちせとシュウジの恋。好みが分かれそうな漫画。無理な人はとことん無理なんだろうなと思う。
 
これ青年コミック誌で連載されてたみたいだけど、なんというかどっちかっていうと少女漫画よりじゃないです????心情描写に重きを置いてるところとか、戦争中の世界だけど描かれてるのは主人公2人の周辺の出来事だけってところとか。突然の性描写!!!!みたいなシーン多すぎて少女漫画とは言い切れないし違和感もあるんだけど。
でも、兵器として進化してどんどん人間らしくなくなっていくけどただただシュウジの彼女でいたいちせの想いとか、ちせが兵器であるという秘密を軍の人以外でただ1人知ってしまったシュウジの苦悩とか、心情描写は違和感なく読めるし共感できるから、全然泣いた。号泣。
少女漫画慣れしている人の方がハマりやすいストーリー展開な気がする。
 
賛否両論あるラストとかは、救われね〜〜!そこは共感できね〜〜!!!!!って思ったけど、結局恋って崩壊していく世界より自分たち2人がどうなるかの方が大事なのでは?ましては高校生ですし!2人が極限状態の中でそうでありたいと願ったラストだと思ったら割と納得した。まあそれでも救われないし胸糞は悪いけどね!読んだ後に余韻が残る、良い漫画だった。読んでよかった。読んだあとすぐアニメも見ちゃった。
 
 

ぼくらの

ぼくらの(1) (IKKI COMIX)

ぼくらの(1) (IKKI COMIX)

 

 エ◯ァンゲリオンみたいな謎の巨大ロボットを15人の小学生が操り世界を救うSF漫画。この漫画も鬱展開で有名なのでストーリー知ってる人多いと思う。私もそうだった。

 
この漫画、子どもたちが主人公だけど爽やかさとか一切ない。最初から最後までずーっと物悲しい。その理由が、一度パイロットになった子どもは戦闘後に死んでしまうから。すなわち1回の戦闘につき1人子どもが死んでいくわけで。
子どもたちはパイロットになりたくてなったわけじゃなくて、洞窟探検してたら出会ったおじさんにゲームに誘われて、軽い気持ちでノったらとんでもないことに巻き込まれてたっていう不条理。逃げたくても敵に負ければ世界が終わるっていう。戦えば自分は死ぬし戦わなければ世界中の人が死ぬっていう。もう不条理の連続。ただただ不幸。
変なおじさんの変な誘いにノってはいけないという教訓かな????
 
パイロットになる順番はランダムなので、子どもたちはいつ自分がパイロットになるのか分からない。そんな中で、自分自身や周りの人たちや命と向き合っていくお話。取り乱す子ばかりだけど達観してる子もいて、中でもダイチなんかは自分の死を早い段階で受け入れて、大事な家族と地球を守るために闘うんだけど、立派すぎて胸が痛かった。小学生のときにこんな目にあったら発狂モノだよ。ていうか大人でもそうだよ。
 
パイロットになった子どもに焦点があたるっていうオムニバス形式で話が進んで、それぞれ心に闇とか問題とか抱えているので読んでて飽きない。話によってはハッピーエンドといえるものもあるけど、私には死恐怖症の節があるのでその先に死がある限りハッピーエンドという見方はどうしてもできない!やりきれなさの極み!
 
とか散々言ってるけど面白い漫画です。
読み進めていくと、自分たちの闘っている敵ロボットにもパイロットがいて、そのパイロットはぼくらの地球ではない平行世界のもうひとつの地球を守っている…っていうことが分かったり、ただ淡々と子どもが犠牲になっていくわけではない。悲しいけど、子どもたちが守った地球の行く末を見届けたいと思っちゃう。子どもたちが戦闘に勝つたび、負けたパイロットの地球は消えてるって考えるともうどうしようもなく鬱ですよね…。私は終末世界を生きれねぇな……。
 
普段漫画とか小説とか読むときは音楽聴かないんだけど、たまたま電車の中で聴いてた音楽止めるの忘れて読んでたときがあって、たまたま戦闘シーンでサカナクションのグッドバイが流れたんだけど公式BGMかよってくらい合ってたんで誰か試してください。ラスサビとかまじで合いすぎてて泣くしかないから。
 
 
 
どちらの漫画も決してハッピーエンドとは言えないけど、鬱漫画!胸糞悪し!って言われてる割にはきちんとストーリーが面白くて、ちゃんと考えれば結末にも納得がいくものだったのが良かったです。
終末モノの悲壮感はたまらない。本当はハッピーエンドが好物だけど。

此処にいる意味のために / 3月のライオン(前編)

怒涛の実写化ブームには批判も多い昨今だけど、公開前から3月のライオンには期待しかなかった。後編も既に公開されてるので、観に行く前に前編の感想を!!

(多少ネタバレあるよ)

f:id:negitorox:20170515214247j:image

映画「3月のライオン」公式サイト

 

良かったところ

◎納得すぎるキャスト陣

自分の好きなキャラたちが違和感なく動いてるなんて、原作ファンとしてこの上ない幸せ。公開前はどうでしょうと思っていた配役でも、観終わったあとは「正解でした!」と土下座できるくらい、1人もハマってない人がいなかった。

(強いて言えば、宗谷はもっともっともっと色素薄くて儚げな人が良かった)(かと言って加瀬亮より儚げな感じ出せる人が思いつくわけでもない)


◎可愛くて美しい香子、素晴らしい

気高く美しく危なげな香子と、抜群にキュートな有村架純ちゃん…いけるの?大丈夫??と、キャストが発表された時点では感じていました。しかし、不安もよそに、完全に合ってた。ありがとう。可愛いしセクシーでとても良い香子だった。ありがとう。

原作だと最初の方は強さや厭らしさばかりが目につく香子だけど、しっかり弱い部分も出ていたので、それこそ有村架純で良かったと思う。

 

◎川本家の安心感

原作における羽海野チカ独特のテンションは、人間ドラマ中心の映画ではほぼほぼ再現されておらず、川本家のシーンも大幅に削られている。でも、川本家が出て来た時の温かさはまさに原作のそれ。

アニメ版はウミノイズムなテンションをきっちり受け継いだ川本家だったのに対して、映画版はリアルな、現実にちゃんと存在している川本家だったのがすごく良くって感動した。

特に良かったのがニャーたち!フィーチャーされることもないけど、ごくごく自然に猫が生活に溶け込んでいて、「そう、これ、この感じが思い描いてた川本家!」って興奮した。

 

棋士たちの対局シーン

棋士陣は、特にハマり役が多かった。

多くの人が言っているように、佐々木蔵之介演じる島田と、伊藤英明演じる後藤の対局はそれはもう素晴らしかった。言葉は発さない、暴力もふるわない、男同士の静かなガチンコ勝負。原作を読んでいて誰しもが感じることの1つに「棋士ってかっこいいんだ」ってのがあると思うんだけど、映像を観てその感情がもっと強まった。

零と対局した人たちも文句のつけどころがなくて、甲本雅裕は器の小さいいや〜な男を見事に演じ切っていたし、奥野瑛太は見た目からして順慶そのものだった。最高。

 

◎ぼくりりの主題歌

私はエンドロールを観ながら(というか聴きながら)、映画の余韻に浸るのが大好きだ。それ故に、エンドロールの曲と映画の印象にズレがあると一気に萎える。

映画を観に行く前にCMで流れていた「Be Noble」を聴いている段階では、この曲3月のライオンっぽくないなと思っていたんだけど、エンドロールで流れたのを聴いた瞬間手のひらグルンした。確かに漫画やアニメの3月のライオンとの印象にはズレがあるけど、映画にはすごく合っていた。

前編ってこともあって、ハッピーエンドイェイ〜みたいな曲じゃないとこが良くて、焦燥や不安や孤独と一緒に生きてきたこれまでの零の姿が曲に反映されてるように感じた。まだ10代のぼくりりの才能計り知れなくない???最高。


ぼくのりりっくのぼうよみ - 「Be Noble(re-build)」(映画『3月のライオン』前編より) - YouTube

 

 悪かったところ

✖️セリフで説明しがち

原作ではモノローグをふんだんに使って心情描写がされているんだけど、映画だとそれが大分削られている。その分、登場人物のセリフの中で補完しているような部分を多く感じた。安っぽくていや!好きじゃない!と私は思ったんだけど、説明ゼリフが少なくて良いと感じている方も結構いらっしゃるようです。感じ方は人それぞれなのでなんとも言えないけど、私としてはもっともっと表情のお芝居だけで伝わったシーンがあったんじゃないかなと思う。

 

✖️原作読んでない人的にどうなの?

前・後編に分かれているものの、詰め込みすぎ。2時間そこらの映画にまとめるとなると、しょうがない部分ではあるのだろうけど…。私は原作を知っているので普通に観れたけど、初見の人からしたらうっすい人間ドラマに感じるんじゃないかな。

二階堂が零に「自分をもっと大事にしろ!」ってテレビを通して怒鳴ってくるシーンとか、急に怒り出したちょいウザデブ感強め。原作だと零との関係性が分かった上での愛あるお説教だから、感動したんだけど。しかも二階堂の初登場シーンも原作とは違っていて、ウザさ3割増しでしたし。

川本家とのシーンも削られまくりだったから、お盆に川で涙するひなちゃんを慰めるシーンも唐突に感じた。そんな仲良くなってましたっけ???

 

✖️謎語りかけ

零と島田の対局シーン。島田が急に零の心に語りかけて来る謎演出。漫画だと、島田の咳払いだけで零が全てを察するのに!静止画である漫画に対して映像で表現できる映画の方が、言葉で説明しちゃうってどうなの!!せっかく蔵之介がモロ島田なのだから、言葉がなくても伝わったと思うのに!!!これは、上で言ったことにも繋がるけど。

その直前の「やれやれ、やっとこっちを見たか。それじゃあ続けようか」のとこは、島田すぎて天晴!天晴れ蔵之介!

 

✖️謎ドラム
上記の悪かった点全部打ち消すくらいダントツでダメ。ダメキング。

将棋しかない人生で、将棋だけにすがって生きてきた零が、零に負けた対戦相手に嫌味を言われて、今まで抑えてきた感情全てを徐々に爆発させるシーン。

徐々に具合を表現したかったのかなんなのか、走り出す零の後ろで徐々に激しくなっていくドラムがドロドロドロッツターン!ターン!ってずっと鳴ってて、ちょっと赤面するぐらいやばかった。これ、自分の感情を滅多に表に出さない零が初めて言葉にして不満を叫ぶとっても大事な一幕なのに。

アニメ版のこのシーンが原作通りで良かった分、期待外れすぎて笑えた。神木くんの零再現度が高いだけに残念。変な演出なくても充分だった。

 

まとめ
漫画が原作ってだけで、ちょっと観るのが不安になってしまいがちな邦画。でも3月のライオンは、原作ファンも納得の出来だったのではないでしょうか??少なくともわたしは満足!
後編の見所はおそらく、宗谷と零の対局と、伊勢谷祐介演じる妻子捨男。川本家が前編より出て来ると思うのでそれが楽しみ。

5分で分かる!映画『3月のライオン』【闘いの前編】ダイジェスト - YouTube